ギャラリー 開
最晩年作!九代大樋長左衛門(陶土斎)造 鵬雲斎書付 黒茶碗 銘 山粧ふ




最晩年作!九代大樋長左衛門(陶土斎)造 鵬雲斎書付 黒茶碗 銘 山粧ふ

九代大樋長左衛の最晩年作品!最高傑作品です。陶印には陶土斎も押された九代大樋長左衛門の茶碗の中ではこれ以上ない1番の作品です。数少ない陶土斎印の押された最高秀逸作品に鵬雲斎の書付がある名品です!

▼【九代大樋長左衛門(陶土斎)】:1901 ( 明治34 )〜 1986 ( 昭和61 )
本名:長二 号:陶土斎 石川県出身 石川県立工業学校窯業科卒 師、8代大樋長左衛門
日本工芸会正会員、工芸技術保存者
石川県立工業学校を卒業後は家業に専念し1920年に農商務省工芸展で初入選、25年には家督を継ぎ9代大樋長左衛門を襲名、ひたすら伝統の陶技を研究し36年の個展「茶碗12ヶ月展」では高い評価を得、40年に近衛文麿より長左衛門印を拝領、42年には工芸技術保存者に認定、58年より日本伝統工芸展に出品、入選を重ねる。幕釉黒茶碗や飴釉茶碗をはじめ茶陶専門に制作し昭和以降の大樋焼確立に大きく貢献、歴代長左衛門の中でも特に名工と称された。

▼【裏千家15世家元 汎叟宗室(鵬雲斎)】
14世淡々斎宗室の長男として生まれ、同志社法学部経済学科、ハワイ大学を修学後、1949年に大徳寺瑞巌和尚について参禅、またこの間に徴兵も経験している。その後、1964年に父の没に伴い15世裏千家家元宗室を襲名。

★商品は【九代大樋長左衛門作、鵬雲斎書付】の作品である事を保証致します。

◆現物の大きさ(最大幅、若干大きさに誤差はあります)
 高さ7.8cm/幅12cm

◆状態:無傷

◆付属品:共箱(鵬雲斎書付あり)/二重箱/共布

◆発送サイズ:80サイズ


最晩年作!九代大樋長左衛門(陶土斎)造 鵬雲斎書付 黒茶碗 銘 山粧ふ
型番 i2017040801_B4580
販売価格 680,000円(内税)
購入数

» 特定商取引法に基づく表記 (返品など)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける