ギャラリー 開
宮本忠夫作 色絵古九谷意 舟山水文香炉




宮本忠夫作 色絵 古九谷意舟山水文 香炉

九谷の伝統的な画風を突き詰めていく宮本忠夫。本作の舟山水文も見事に描き切っております。上絵だけで4度・5度と色を重ねて焼成している為、立体的で美しい作品に仕上がっています。あまりにも1つの作品に手を掛けているため、制作される作品の数が少ない反面、 細部にわたって完成度の高い作品を手掛けている事から非常に人気のある作家です。

▼【宮本忠夫】
1928年 京都市上京区に生まれる
1950年 石川県無形文化財保持者二代松本佐吉氏に師事
1979年 第26回日本伝統工芸展初入選
1990年 第13回伝統九谷焼工芸展優秀賞
1991年 日本工芸会正会員認定
2001年 伝統からの創造21世紀展(東京美術倶楽部他)委嘱出品 以後毎年
2006年 日本工芸会退会
2008年 日本橋高島屋にて「宮本忠夫・雅夫父子展」開催
2011年 日本橋高島屋にて「幻の九谷 宮本忠夫作陶展」開催
      小松市立博物館に「九谷色絵楼閣山水文香炉」が収蔵される
2014年 「宮本忠夫・雅夫父子展」(東京日本橋高島屋)

★商品は【宮本忠夫】の作品である事を保証致します。

◆現物の大きさ(最大幅、若干大きさに誤差はあります)
高さ8.2cm/幅6.4×6.4cm

◆状態:無傷

◆付属品:共箱/共布/栞

◆発送サイズ:60サイズ


宮本忠夫作 色絵古九谷意 舟山水文香炉
型番 m2017090304_C1252
販売価格 180,000円(内税)
購入数

» 特定商取引法に基づく表記 (返品など)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける