ギャラリー 開
岡部嶺男作 窯変米色青瓷碗




岡部嶺男作 窯変米色青瓷碗

「窯変米色青瓷」は、岡部嶺男の手によって初めて作り出されたという、珍しい黄褐色の青瓷です。
大変貴重なお品で、そうそう出回ることはないでしょう。
間近で眺めれば、その美しさにあっというまに魅了されます。

▼【岡部嶺男】:1919〜1990
大正8年10月3日生まれ。加藤唐九郎の長男。日展,日本工芸会に所属,昭和38年ごろから無所属。嶺男青磁とよばれる独自な作品を生みだす。日展北斗賞,日本工芸会奨励賞,プラハ国際陶芸展グランプリなどを受賞。35年「永仁の壺」事件で,壺は自作と告白して話題となる。平成2年9月4日死去。70歳。愛知県出身。愛知県窯業学校(現瀬戸窯業高)卒。

★商品は【岡部嶺男】の作品である事を保証致します。

◆現物の大きさ(最大幅、若干大きさに誤差はあります)
高さ6.1cm/幅15.1cm

◆状態:無傷

◆付属品:共箱/外箱

◆発送サイズ:80サイズ

価格はお問合せ下さい
(TEL:03-6434-7024、営業時間:11:00〜19:00)



岡部嶺男作 窯変米色青瓷碗
型番 m2018030903_C4757
販売価格 0円(内税)
購入数

» 特定商取引法に基づく表記 (返品など)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける