徳沢守俊作 唐津茶入

y2019102904_Z0329

45,000円(内税)

購入数



徳沢守俊作 唐津茶入

▼商品説明
深い釉調のなかに差す白釉の流れが美しい逸品。艶やかな釉薬の下に感じる胎土のざらりとした質感が趣深い茶入です。蓋は象牙、仕覆(花兎金襴、国司間道)が付属します。

▼作家情報
【徳沢守俊】
京都府に生まれる。1967(昭和42)年、玉川大学農学部を卒業後、12代中里太郎衛門(無庵)に師事。1972(昭和47)年、福岡県須恵町皿山に割竹式登窯を築窯しました。父・成信(不洞庵)に茶陶を学ぶ。1983(昭和58)年、日本工芸会正会員となる。1989(平成元)年、西部工芸展正会員を受賞。朝鮮唐津を中心とする制作には常に茶の心に適った茶情豊かなものがある。
 
★商品は徳沢守俊の作品である事を保証致します。

▼商品サイズ
高さ9.5cm(蓋なし8.6cm)/幅5.9cm/口径2.5cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
共箱/仕覆(花兎金襴、国司間道)

▼発送サイズ
60サイズ