十四代亀井味楽造『鵬雲斎書付』高取文琳茶入

s2019100303_E1209

95,000円(内税)

購入数



十四代亀井味楽造『鵬雲斎書付』高取文琳茶入

▼商品説明
釉の光沢と景色、円やかな姿が見れば見るほど魅力的な茶入です。 凛とした存在感漂う、優れた作行きです。蓋は象牙です。仕覆が二枚付属致します。

▼作家情報
【十四代亀井味楽】
九州を代表する陶窯として有名な高取焼を代表する亀井家に生まれ、伝統の技法を受け継ぐ。祖父13代亀井味楽に師事。1964年に14代を襲名、同年、日本伝統工芸展に初入選、以降同会や日本陶芸展などで活躍。77年には福岡市指定無形文化財技術保持者に認定。88年に国際芸術文化賞、92年に福岡県技能功労賞などの受賞歴を持つ。2001年に長男の正久氏に15代味楽を襲名させ隠居後は又生(庵)と号した。味楽時代は、伝統の技法を忠実に守り「黄釉」と呼ばれる、伝統の釉薬を用いた装飾性の高い作品を得意とした。引退後に200年前に途絶えたとされる金彩釉の復元に成功し個展などで発表した。
 
【裏千家15世家元 汎叟宗室(鵬雲斎)】
14世淡々斎宗室の長男として生まれ、同志社法学部経済学科、ハワイ大学を修学後、1949年に大徳寺瑞巌和尚について参禅、またこの間に徴兵も経験している。その後、1964年に父の没に伴い15世裏千家家元宗室を襲名。
 
★商品は十四代亀井味楽作、鵬雲斎書付である事を保証致します。

▼商品サイズ
高さ7.7(蓋なし6.5)cm/幅7.3cm/口径2.5cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
外箱(薄いシミ有り)/共箱/仕覆(正倉院双鳥花紋)/鵬雲斎書付

▼発送サイズ
80サイズ