十三代楽吉左衛門(惺入)作『惺斎書付』黒茶入 銘:若竹

m2019092701_E1545

500,000円(内税)

購入数



十三代楽吉左衛門(惺入)作『惺斎書付』黒茶入 銘:若竹

▼商品説明
第一次、第二次世界大戦と相次いだ混乱と苦難の時代の中に、楽焼の伝統を守り、自らの表現を打ち出した十三代惺入。豊かな動きある造形が、漆黒の釉薬を纏い、感性あふれる良い景色が楽しめます。作品から漂うひたむきな印象は、作り手の研究熱心な性格が反映しているかのようです。蓋は象牙製、仕覆二枚付属いたします。

▼作家情報
【十三代楽吉左衛門(惺入)】
師、12代楽吉左衛門(弘入)、12代弘入の長男1919年家督を継承、吉左衛門を襲名。作風は独自に各地の鉱石を研究し釉薬に生かせないかと研究、鉱石釉黒茶碗などを制作、楽茶碗のほかにも織部、志野、備前など各地の陶磁も積極的に制作している。また箆(へら)技術においても個性的な表現が多く全体的に見ると大胆な力強い作品を多く残している。没後、惺斎宗左より号:惺入を賜る。
 
【惺斎】
茶道表千家十二世。十一世碌々斎の長男。幼名は与太郎、名は宗員のち宗佐。号は惺斎・敬翁。明治三九年に失火焼失した不審庵を再興、松風楼を増築した。好みの茶道具は歴代中最多で、十職以外の工芸家や各地方の国焼の育成にも尽力する。昭和12年(1937)歿、75才。
 
★商品は十三代楽吉左衛門(惺入)作、惺斎書付の作品である事を保証致します。

▼商品サイズ
高さ8.1(蓋無し7.9)cm/幅13.2cm/口縁3.6cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
底部に窯傷あり

▼付属品
共箱(惺斎書付)/外箱/仕覆2枚

▼発送サイズ
60サイズ