淡海ぜぜ 陽炎園造『淡々斎書付』新膳所焼茶入

c2019101801_E1716

45,000円(内税)

購入数



淡海ぜぜ 陽炎園造『淡々斎書付』新膳所焼茶入

▼商品説明
非常に出来の良い一品です。象牙の蓋と仕覆(菊小紋緞子)が付属致します。

▼作家情報
【陽炎園】
遠州七窯の一つとして小堀遠州や本阿弥光悦らにゆかりのある膳所焼の名窯で、大正期に再興以来、茶陶の名門・陽炎園として現在に至る。
 
【裏千家十四代家元 淡々斎宗室】
家元歴13世円能斎宗室の長男として生まれ、30歳のときに父の没に伴い家元を継承。また、この間、書画を日本画の奥谷秋石に学んで玄石と号して日本画を制作、そのほか長唄、謡曲、能などに親しみ文化人としての自我の研鑽に努めている。 主な業績としては伊勢神宮を始め、各地の寺、神社においての献茶式をこなし、また茶道文化の海外進出にも視野を広げてヨーロッパ、アメリカなどを外遊。さらに、1940年には裏千家統一の為に「淡交会」を結成、49年には「財団法人・今日庵」を結成、またその後国際茶道文化協会を設立するなど日本全国及び海外に支部を設けて益々の隆盛につなげ、近代裏千家中興の祖として1957年に茶道界として最初となる紺綬褒章、紫綬褒章を受章、没後、征四位勲三等旭日中綬章を下賜されている。
 
★商品は陽炎園造、淡々斎書付である事を保証致します。

▼商品サイズ
高さ7.5cm(蓋なし6.4cm)/幅6.5cm/口径2.7cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
淡々斎書付箱/仕覆(菊小紋緞子)

▼発送サイズ
60サイズ