十二代田原陶兵衛造『中村梅軒書付』萩茶入 銘:瑞雲

c2019103001_E2053

125,000円(内税)

購入数



十二代田原陶兵衛造『中村梅軒書付』萩茶入 銘:瑞雲

▼商品説明
ほどよい重厚感があり、ぽってりとした肌質が心地よい一品です。象牙の蓋と仕覆二枚(日野間道、荒磯文)が付属致します。

▼作家情報
【十二代田原陶兵衛】
山口県指定重要無形文化財日本工芸会理事、裏千家淡交会役員など、10代田原高麗陶兵衛の次男として生まれる。父や兄(11代田原陶兵衛)に陶技を学び、家業に従事するが、戦時中は出兵となる。1956年に兄の死去に伴い、12代田原陶兵衛を襲名。田原家伝統の技法に加え、独自の高麗・朝鮮陶器の研究を深め、茶陶中心に制作。歴代田原家の作風である温和な柔らかい肌色の釉薬を用いて、素朴さ素直さを表現した。粉引、灰被の技法にも優れ、1981年には山口県指定重要無形文化財に認定された。
 
【中村梅軒】
中村梅軒は、千宗旦のもとで皆伝を受け宗旦四天王の一人に数えられた、藤村庸軒の門人の系譜のうち現在まで伝わっている藤村正員、近藤柳可、比喜多宗積の流れのひとつである、比喜多宗積派の十一代であり、九代岩村松軒の門人中村梅軒の孫。
 
★商品は十二代田原陶兵衛造、中村梅軒書付の作品である事を保証致します。

▼商品サイズ
高さ8.8cm(蓋なし8.3cm)/幅6.8cm/口径2.2cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
共箱(側面に薄いシミあり)/仕覆二枚(日野間道、荒磯文)/栞/中村梅軒書付

▼発送サイズ
60サイズ