十四代朝日豊斎造 燔師荒土茶入

y2019111503_E2293

48,000円(内税)

購入数



十四代朝日豊斎造 燔師荒土茶入

▼商品説明
宇治で採取される朝日焼独特の土味「燔師(はんし)」の茶入。朝日に見立てられる橙色の焼き味が特徴です。蓋は象牙、仕覆(宝間道)が付属いたします。

▼作家情報
【十四代朝日豊斎】
朝日焼14代。称号:本名松林豊斎/号猶香庵。遠州七窯の一つ朝日焼を継承。京都第二工校陶磁器科卒。京都国立陶磁器試験所修了。師事:楠部彌弌。昭和22年(1947)、先代没後、十四代を襲名。日展、日本工芸美術展入選。伝統の御本手の偶然性、窯変美を科学的に研究分析。昭和27年(1952)、登り窯築窯。昭和33年(1958)、倒式平地窯、重油と松割木混焼窯築窯。昭和40年(1965)、シャトルLP窯築窯。昭和46年(1971)、登り窯を無煙化。昭和50年(1975)、この登り窯に穴窯を併設した無煙窯を築き、土と炎の変化を追究。(玄窯)。平成7年(1995)、名跡を十五代に譲り猶香庵を名乗る。京都伝統陶芸家協会会員。
 
★商品は十四代朝日豊斎の作品である事を保証致します。

▼商品サイズ
高さ8.9cm(蓋なし8.1cm)/幅6.9cm/口径2.5cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
共箱/仕覆(宝寛道)/栞

▼発送サイズ
60サイズ