加藤光右衛門造『堀内宗完(兼中斎)書付』志野茶入 銘:清寂

c2019110903_E2146

48,000円(内税)

購入数



加藤光右衛門造『堀内宗完(兼中斎)書付』志野茶入 銘:清寂

▼商品説明
存在感のある佇まいの逸品です。象牙の蓋と仕覆二枚(宮内間道、利休梅)が付属致します。

▼作家情報
【加藤光右衛門】
岐阜県指定無形文化財の加藤十右衛門次男として生まれ、兄には芳右衛門、弟には弥右衛門を持つ。山十窯を開いて父譲りの美濃伊賀、黄瀬戸、黒織部を中心に茶碗・水指・茶入れなど茶陶を製作し主に個展にて発表。
 
【堀内宗完(兼中斎)】
表千家流堀内家十二代。兄幽峰斎が33才で急逝のため、表千家即中斎のもとで修行の後十二代を襲名する。平成十年、分明斎が十三代を襲名するのに伴い宗心と称する。
 
★商品は加藤光右衛門造、堀内宗完(兼中斎)書付の作品である事を保証致します。

▼商品サイズ
高さ11.2cm(蓋なし9.9cm)/幅6.3cm/口径2.8cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
共箱/栞/堀内宗完(兼中斎)書付/仕覆二枚(宮内間道、利休梅)

▼発送サイズ
60サイズ