人間国宝 金重陶陽造『即中斎書付』備前茶入 銘:君か代 金重晃介識

m2019122502_E2120

300,000円(内税)

購入数



人間国宝 金重陶陽造『即中斎書付』備前茶入 銘:君か代 金重晃介識

▼商品説明
備前焼で初の人間国宝に認定された、備前焼中興の祖・金重陶陽、希少な土点銘の作品です!「土に素直に」を信条とした金重氏ならではの、深遠で熱量を感じさせる逸品です。蓋は象牙製です。

▼作家情報
【金重陶陽】
備前六窯金重家の脇窯であった窯元金重媒陽の子として生まれ幼少期より父から薫陶を受け陶技を熟練、特に細工物や彫塑的な置物を得意とし、さらに窯の構造などの研究にも精進して1921年にドイツ式マップ窯を築窯、これにより窯変物の焼成に成功、さらに陶土の研究も進めて30年には桃山備前の土味の再現に成功、39年には緋襷の窯変焼成にも成功して古備前の再現に尽力を示し近代備前焼の祖としての活躍を示す。またこの間、36年には初個展を開催、さらに42年には荒川豊蔵、三輪休和、川喜田半泥子らと共に「からひね会」を結成、同年に技術保存資格者に認定、52年に無形文化財に選定、54年には伊豆山桃李で石黒宗麿、加藤土師萌、荒川豊蔵、加藤唐九郎らと「桃李会」を結成、56年に備前焼で重要無形文化財(人間国宝)に認定された。
 
【13世 千 宗左(即中斎)・表千家13世家元 無盡宗左(無尽宗左)】
12世敬翁宗左の二男であったが長男が早死であった為、1937年に家元を襲名。その後、42年に同門会(後75年に社団法人表千家同門会)を発足させ機関紙を発行するなど現代茶の湯の発展に尽力、70年には日本全国に支部を持つようになり、また海外においてもハワイ、ロスアンゼルス、サンフランシスコを拠点に普及活動を進める。
 
【金重晃介】
人間国宝金重陶陽の三男として生まれ、兄に金重道明を持つ。大学卒業後、一時関東にて前衛グループ展などに参加するなど自由な作陶を展開し、東海大学の講師を務めるなどもしていたが77年に帰郷、兄の工房から備前焼の作陶を開始。84年には自らの窯を築き独立となり、以降各種展覧会や金重一門の個展などで活躍。主な受賞歴に90年茶の湯造形展優秀賞、91年楽締陶展記念賞、94年日本陶磁協会賞、99年山陽新聞社賞など。帰郷以前の自由な陶芸を引き続き自分の感性に重点を置いた斬新な造形による壺や花器、酒器など茶陶を展開し伝統にとらわれない個性を明確に発揮している。
 
★商品は金重陶陽造、即中斎書付、金重晃介識の作品である事を保証致します。

▼商品サイズ
高さ8.1(蓋なし7.2)cm/幅5.8cm/口径3.1cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
即中斎書付・金重晃介識箱/仕覆/商品写真(金重晃介識)

▼発送サイズ
60サイズ