十五代熊谷紅陽作 上野肩衝茶入

z2020020303_Z0354

28,000円(内税)

購入数



十五代熊谷紅陽作 上野肩衝茶入

▼商品説明
釉の流れが美しく、味わいのある作品です。蓋は象牙製。仕覆(正倉院裂 蜀江錦)付属致します。

▼作家情報
【十五代熊谷紅陽】
福岡県田川郡赤池町上野で、十四代窯元の熊谷龍峰の長男として生まれる。1929年 佐賀県立有田工業学校を主席で卒業し、父の元で家業に従事。1937年 北九州市井筒屋で、初の個展を開催。1943〜1945年 北満州に出兵するが、現地では製陶を行っていた。帰国後家事に従事し、陶芸活動を再開。1953年 全国陶磁コンクールで「茶入」が最優秀賞を受賞。1960年(昭和)天皇陛下に花瓶を献上し、翌年には義宮殿下が九州旅行の際、窯元に立ち寄られ、窯元より花瓶が献上される。1964年 日本伝統工芸展に入選し、同年東京池袋西部で「上野焼合同展」を開催。1965年 明治神宮大祭に作品を献上。同年長男保興と「父子展」を北九州市で開催。1966年 「日本伝統工芸展」に再度入選し、以後連続入選。1971年 「日本陶芸展」に入選し、以後毎年入選を果たす。
 
★商品は十五代熊谷紅陽の作品である事を保証致します。

▼商品サイズ
高さ8.5cm(蓋なし8.2cm)/幅6.4cm/口径2.9cm
※最大幅。若干大きさに誤差はありますので、ご了承下さい。

▼商品の状態
無傷

▼付属品
共箱/仕覆(正倉院裂 蜀江錦)

▼発送サイズ
60サイズ