ギャラリー 開
小山富士夫(古山子) 花ノ木窯 種子島茶碗




小山富士夫(古山子) 花ノ木窯 種子島茶碗

素晴らしい茶碗で大変魅力的な作品です。

▼小山富士夫(古山子)
岡山県浅口郡玉島町に生まれる。30歳 東洋陶磁研究所所員となる。41歳 東京帝室博物館勤務。中国河北省で宋代定窯白磁の窯跡を発見。日本六古窯等の国内各地の古陶磁窯を再価する。43歳 聚楽社より「宗磁」、文中堂より「支那青磁史稿」を刊行。46歳 日本陶磁協会理事就任。荒川豊蔵、石黒宗麿らと農村工芸振興会を結成。48歳 東京博物館調査課勤務。59歳 文化財保護委員会事務局無形文化課文化財調査官に就任。61歳「永仁の壺」事件の責任を取り調査官辞任。日本陶磁学会、日本工芸会の設立に尽力。72歳 日本工芸会理事就任。土岐市陶芸村に花の木窯築窯。73歳 土岐市泉町五斗蒔一の沢に転居。東洋陶磁学会を設立し委員長就任。

★商品は小山富士夫(古山子)の作品である事を保証致します。

◆現物の大きさ(最大幅、若干大きさに誤差はあります)
 高さ8.5cm/幅12.0cm

◆状態:無傷

◆付属品:共箱

◆発送サイズ:60サイズ

3239


小山富士夫(古山子) 花ノ木窯 種子島茶碗
型番 s2015040901
販売価格 300,000円(内税)
購入数

» 特定商取引法に基づく表記 (返品など)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける