ギャラリー 開
十一代中川浄益作 毛織銅菊彫建水




十一代中川浄益作 毛織銅菊彫建水

千家十職金物師!中川浄益の名品!
優美な造形で、素晴らしい出来の作品です。シミなど若干の使用感あり。

▼十一代中川浄益
1920年十代浄益の長男として生まれ、1941年浄益を襲名する。中川家は千家十職の金物師で元々越後で武具を作っていたが、初代紹益が千利休の求めにより薬かんを作ったのを機に茶道具を作り始める。紹益という名が当時の豪商、佐野紹益と紛らわしいとして二代目以降、浄益を代々名乗っている。三代浄益は技術的に困難とされた銅と錫の合金である砂張の作りを発見、制作に成功した。金工の精巧な茶道具を得意とし、その技法は鍛造による槌物(うちもの)と鋳造による鋳物が中心である。

★商品は十一代中川浄益の作品である事を保証致します。

◆現物の大きさ(最大幅、若干大きさに誤差はあります)
 高さ8.5cm/幅14.2cm

◆状態: シミなど若干の使用感あり

◆付属品: 共箱(若干シミあり)/紙外箱

◆発送サイズ:60サイズ

A3654


十一代中川浄益作 毛織銅菊彫建水
型番 a2016012301
販売価格 170,000円(内税)
購入数

» 特定商取引法に基づく表記 (返品など)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける